車買取

車買取

車の買取は慎重に

今の車も新車で買ってはや5年。どんどん新しい車が出ては乗り換えてきた私にとって、その負担費用は非常に大きいものとなっています。

車買取

ここで確認しておくと、私が好きなブランドはなんとベンツなんですね、外車です。その前はキュービック・クエスト、クルー、グロリア、シーマ、グロリアワゴン、サニー、サニーカリフォルニア、サファリ、シルビアなんかに乗っていたんですが、一度高級車に乗ってしまったらもう後に戻ることができません。だから非常にお金がかかる趣味と言えます。売る時の値段は、買う時の半値以下です。少しでも高く売りたいと思っていてもこれが限界です。。。と思っていました。
実は最近になって、車の買取業者をネットでの見積もりにしたところ、その買取価格が一気に跳ね上がったんです。これには私もびっくりしました。
車査定で有名なところと言えば、ティーアップ(T-UP)やカービュー、それにガリバーやカーチスなんかがあります。でもこれ、見積もりを取る時に一社だけで取ったらダメですよ。必ず一括見積もりをしてもらって、会社同士で競争させて価格を吊り上げることがポイントです。もし一社だけで見積もりを取ってしまったら、足元を見られて希望の額の遥か下の額でしか取ってもらえないことになります。こういう情報を知っているかそうでないかで圧倒的な差になってしまうんですよね。私のベンツの場合、査定額がカービューでは800万円だったのが、一括見積もりをしたところ940万円になりました。140万円の儲けと考えられますよね。

 

車を高価買取する3つのポイント

 

元、車買取専門店に勤務していた営業マン(査定士)が
車買取をしてもらうのに高値をつけてもらうにはどうしたら良いのかを
3つのポイントとして説明します。

 

  1. 営業マン(査定士)も人間であることを忘れない。
  2. 手放すなら5月や6月などがお勧め。
  3. 店舗での査定より、出張査定を利用して!

他にも、洗車をしておくと良いなどポイントがありますが、
今回はこの3つに分けて解説していきましょう。

 

まず一番初めの、「営業マン(査定士)も人間」
これが一番のポイントだと考えてください。
自分が車を見るたちばであったらどうかというのを考えた上で見せるのが良いです。
例えば、汚い車だと印象はどうでしょう。
・外装が汚く汚れを落としたら洗車傷などが沢山あるかも。
・内装がゴミが多ければ、運転も乱暴にしていてエンジンなどが傷んでいるかも。
など、他人が想像しそうなことは営業マン(査定士)だって想像します。
車をゴミ箱のように利用していた方から、査定を依頼してもらいましたが、
正直査定するのも嫌で触りたくない状況。
本当はいけないのですが適当に見て、かなり安い金額を伝えとっとと切り上げてしまったことも
私はありますし、これは買取店にもよりますが買い取った車は自分達で洗車などをしてから
店舗に並べて販売したり、オークションに出したりします。
あまりにも汚い車は洗車の手間もかかりますし、触りたくないなどの理由から
買取金額をかなり低く言います。

 

また、営業マン(査定士)も人間ですから、
おだてりゃ〜それはそれはいい気分になります。
ベテランの営業マンを落とすには難しいかもしれませんが、若い営業マンや新人営業マンは
おだてて上手に査定金額をアップしてください。
若い営業マンや新人営業マンは店長などの指示を受けての金額を言っていますから、
決定権はナイことが多いのですが、店長にうまく金額を上げてもらえるように交渉してみましょう。

 

次に、5月・6月がおすすめな理由として、
新人の営業マンが多くいることです。
これは事故車などに言えることですが、事故の見落としをして高く金額を付けてしまう
新人スタッフが多くいるということです。
事故車の場合は3割ぐらい査定金額が下がってしまいますから、
事故を見落としした分、うまく金額UPを狙えます。
また、5月・6月だと自動車税を払ってしまっていても、買取金額に載せて買い取ってもらえることもあります。
上手に利用してください。

 

最後に出張査定の利用は上記の2つをやりやすくすることができます。
自分のテリトリー内に営業マンが入ってくるのでこんないい環境はまずないでしょう。
出張査定で新人スタッフだったら最高です。ラッキーだと思って、
手のひらの中でコロコロと転がして希望金額よりももっといい金額を出させてしましょう。


 

お勧めサイト〜reference〜

国土交通省・・・国土交通省のエコカー減税について説明されているサイトです。重量税の減税について紹介されています。